確実に肌年齢が進んでいる

肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォーってそんな感じですよね。いままでと同じような髪型や色が合わなくなってくるなど、本人にも自覚できる兆候はあるのだそうです。夜遊びしていないのに疲労を翌日に引っ張って、目の下に大クマが出立て口周りの下がりが本人以外にも目に見えるようになってきます。若いときなら疲労が顔に出ていても、後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、アラフォーは回復しないのです。

復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えました。

確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。

多くの女性が抱えるお肌の悩みが「シミ」です。

シミの主な原因として言われているのが、日焼けなどの刺激が加わって皮膚が赤っぽくなり、その後、変色し、その通り色素沈着(なるべくなら起こらないように予防したいものですね)してしまったことによるものです。ショックなことにニキビができた跡の赤みも顔のシミの一因なのです。

日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることやいつもより肌と向き合いながらスキンケアするだけでも、これ以上シミが増えないようにする効果が期待できるのです。食べたものが肌を作っていくので、毎日の食事やサプリメントなどでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果が期待できます。

主に30歳から50歳手前ぐらいの年代の女性が思いわずらう肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。

左右の目の下の少し頬側にできるシミで、クマのような感じです。

肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモンが関わっているのではないかという説があって、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。

肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから販売されています。

肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。濃いシミが肌にあって目立つので取り除きたい。そんな時に効果が期待できるのは、皮膚科によるシミ取りレーザーやケミカルピーリングと言えます。

これらの治療のいい点はただちに効き、短期間でシミが気にならなくなるということでしょう。

自分でシミを消したい場合は、ドラッグストアなどで販売しているシミに特化した皮膚薬を使用するか、ハイドロキノンという美白成分入りの美白化粧品などがシミケアには有効です。

美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。

シミの原因のメラニンが新たにできることを抑えるというありがたい活躍をしてくれるのです。それから、各種のパワーを持った成長分子を保有しているので、細胞の入れ替わりが活発になり、肌のいらない角質とシミをまとめて落としてくれます。健康な身体になくてはならない成分のコラーゲン(軟骨や硝子体などに含まれているのはII型コラーゲンです)の生成を高める効果もありますから、これが美肌(何よりもまず、肌トラブルがないというのが最低条件でしょう)の秘訣かもしれません。女性にとっては言うことなしです。何とかして肌のシミを消す方法は様々ですが、一番効率がいいと感じたのはプラセンタをぎゅっと凝縮させた美容液を使ってのお手入れです。肌にすうっと染み込んでいくのが実感できます。

使用をつづけていると濃かったシミが目たたなくなってきたので、シミが見えなくなるまで使いつづけます。出産を終えても当分の間、女性の身体はそれまでの身体の状態と大聞く変化します。特にホルモンバランスは激変しますから、各種のトラブルが起こります。肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルも自覚しやすく目たちますから、悩まされている女性は多くいます。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもあるのですので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使ってとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めてください。とはいえ、あまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。皺はかならずきっかけがあって創られます。必ず上位に挙げられるのは「乾燥」です。

乾燥した空気は乾燥肌を生み出しますが、過剰な皮脂の分泌を促して肌のキメを荒くすることもあり、乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。真冬以外は忘れがちになりますので、なんにしてもマメに保湿することが大事です。スプレータイプの化粧水は種類も豊富でいいですね。ミニボトルなら外出先でも使えるのでときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれて良いでしょう。また、フェイスパック(色々なパック剤が市販されており、それぞれに美白や美肌など、様々な効果が謳われています)やオイルマッサージなどで定期的にスペシャルケアを行うと、老化(シワ・たるみ)を防いで、きれいな素肌になります。スキンケアの悩みと言えば、シミです。老化、紫外線による日焼けなどの影響でメラニン色素が沈着するという原因で、シミがあると、実際の年齢より上に年を取ったような感じを周囲の人に与えてしまうようです。その上、顔に出てしまうと気になって仕方がありませんが、シミ予防は、毎日、お肌の手入れをすることで可能ですし、シミができてしまっても、消す方法があります。毎日しごとしごとで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、何気なくのぞいた鏡を前にして悲鳴を上げそうになりました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。どれだけ自分が疲れ果てているのか、その通り表しているように思えました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。どれ程疲れていようが、家に帰ったら洗顔を初め意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。